よくある質問

よくある質問

資金はどれくらい必要ですか?
当実務講座では、取引相手となる海外バイヤーから前金で代金を受けとり、その代金で仕入れを行っていく流れを基本としています。よって「仕入れ資金」となる資金はとくに必要ありません。あえて必要となる準備資金としては、古物商許可の申請にかかる2万円ほどの費用のみです。それ以上のまとまった資金はとくに必要ありません。


事務所、駐車場は必要ないのですか?
基本的に仕入れた車両はそのままダイレクトに輸出していきますので、仕入れた車両を自身で保管するような必要はとくにありません。よって車両を保管する為の駐車場等もとくに不要となっています。また実際に取引していく相手が国内にいるわけでは無い為、とくに事務所となるオフィスも必要ありません。そういった設備投資を一切行わずに始められるのが中古車輸出ビジネスのメリットでもあります。


パソコンは必須ですか?
パソコンが無ければ絶対に取り組めないとは言いません。ただ実務講座はパソコンありきで解説している部分も多く、今のご時世でネットオークションを利用しないのはデメリットしかありません。よってより「速く」より「稼ぐ」上ではパソコンは必須かと思います。ただ他のネットビジネスと呼ばれるものと比較するなら特別なスキルや技術はほどんと必要無いビジネスなので、もしお持ちでないのであればこの機会に是非ご用意ください。


英語力は本当に必要ないのですか?
翻訳サイト、英和辞書、和英辞書等を用いていけば、事実、英語力はゼロという状態でもビジネスは進められます。ただ英語力があればより交渉等が円滑になりますし、時間等の大幅な短縮に繋がる事も間違いありません。よって英語力が髙ければ高いほど有利かと思います。ただ受講生の中には全く英語力が無い状況でも、十分な結果を出し続けている受講生もいますので、多少の手間を覚悟していくなら英語力は無いままでも問題ありません。またどうしても英語交渉で解決出来ない問題が生じた場合は弊社のサポートをご利用頂いて構いません。そのような英語交渉も含めしっかりとサポートさせて頂きます。


中古車売買も輸出、貿易ビジネスの経験も一切ありませんが大丈夫ですか?
はい、全く問題ありません。この実務講座はそんなゼロからのスタートを想定し、手取り足取りレベルの講座内容になっています。またそんな方の為のサポート体制でもありますので既存の知識、経験等は一切気にして頂かなくても大丈夫です。ただ物事を「学ぶ」という意欲だけはきちんと持った上で参加してください。


自動車関係の知識が全くありませんが大丈夫ですか?
海外の一部のマーケットを除いては、マニアックな知識が必要になる車両を、細かい仕様の違いを見極めて輸出する事はまずありません。よって自動車関係の知識もその場その場でインターネットや資料を基に調べていくレベルで大丈夫です。大抵の必要な情報はオークションサイトにそのまま出ていますので強いて自動車関係の特別な知識を要する場面は無いとお考えください。


必要な法的資格などはありますか?
中古車の輸出業には特に法的資格は必要ありません。輸出入業務を行うには特別の資格を必要とする国も多いのですが、我が国(日本)では自由に貿易業を行うことができます。ただ中古車を扱うということで最寄りの所轄の警察署での、古物商許可証の取得は必要となります。こちらは原則としては誰でも取得できるものですが、過去に刑事事件等に関与したことがある場合などは許可が下りないこともあります。


法人格(会社)は必要ですか?
とくに必要ありません。個人事業者としてでも十分に通用する業界です。ただある程度の利益はすぐに出始める場合がほとんどですので、税務上の観点で言えば法人化したほうが有利です。


運転免許証も無いのですが問題ありませんか?
とくに問題ありません。実務の中で運転免許証を用いる事はありません。原則として、完全在宅でも問題なく取り組めるビジネスです。


中古車の業者オークションは誰でも利用できるのですか?
原則としてオークション資格を取得すればどなたでもご利用頂けます。ただ参加資格には古物商許可証が必要となりますので、オークションへの参加権利を得る上でも古物商が必要になります。


海外のバイヤーは何の取引経験も無いような素人と取引してくれるのですか?
あなたの取引相手となる海外バイヤーの経験等が分からないのと同様に、海外バイヤーもあなたの輸出経験等は原則わかりません。よってあなたにとっては初めての取引であっても、取引相手の海外バイヤーにとってみれば、
それはわからない事ですので堂々と取引に望んでください。


受注を受けた車両を仕入れられなかった場合はどうすればいいのですか?
輸出に時間がかかる旨をきちんと伝えるか、それでも仕入れが出来ない場合は預かった代金を返金してください。とくにその事についてそれ以上は何もありません。むしろ「仕入れが出来なかった」と正直に伝え、代金の方をしっかりと返金すれば、それが信用材料となってまた取引を行える場合もあります。海外バイヤーはそういったところも含めて信頼できる日本の輸出業者との繋がりを求めていますので、あなたが誠実に対応していれば必ずそれが結果に繋がっていきます。


受注を受けた際、取引における代金は必ず全額を前金で支払ってもらえるのですか?
中には前金を半額、残額を船荷証券と引き換えにして欲しいという海外バイヤーもいます。そのような交渉に応じるかどうかはあなた次第ですが、海外バイヤーは船荷証券が無ければ港で車両を受け取る事が出来ませんので
船荷証券さえ郵送しなければ車だけを持ち逃げされる事はありません。よって船荷証券の添付コピーを送り、残額の入金確認後、船荷証券を郵送するという流れでリスク無く取引をする事は可能です。こちらにある程度、仕入れ資金を立て替えるお金があるのであれば、そのような形で前金を半額等で取引していく事も可能になります。


仕入れた車両を確認せずに輸出してトラブルにならないのですか?
日本のオートオークションは車両の状態等のチェックが非常に厳重です。よってオートオークションに出品されている車両の情報は、それがほぼ正確なものだと判断してとくに問題ありません。つまり現車を確認する必要は無いという事ですので、そのままダイレクトに港へ陸送し、輸出していってもほぼ大きなトラブルに発展する事はありません。


サポートはどのように受けられますか?
サポートはEメール、お電話で対応しております。Eメールは24時間受け付け、土日祝日を除き、原則として24時間以内に回答しております。お電話は平日AM10:00~18:00迄、弊社のスタッフが随時対応しておりますので、サポートが必要な際はいつでもお気軽にご相談ください。


業者オークション、自動車の売買、陸送手配、船積みから輸出手続きと全く経験した事の無い手続きばかりですが大丈夫ですか?
この辺りの事務的な手続き等についても、実務講座の方ではかなり詳しく解説し、また便利な補足資料も多数取り揃えています。何より実際の実務はほぼ乙仲などの業者任せに出来ますのでいざやってみるとどれも全く難しい手続きではありません。商品の輸出手続き1つに大きな手間と時間を取られるような一昔前のような古い時代は既に終わっているのです。是非、そのような先入観は全て捨てて新しい市場に飛び込んでみてください。

ショッピングカート

中古車輸出業の実務講座プロフェッショナルパック
中古車輸出業をスタートさせるために必要な下記ビジネスパック・ホームページパックを含む海外バイヤー情報、輸出サポートなど全て揃った中古車輸出業のための総合パッケージです。

中古車輸出業の実務講座ビジネスパック
中古車輸出業をスタートさせるために必要なビジネスパッケージと海外バイヤー情報、輸出サポートなどが揃った中古車輸出業のための基本パッケージです。

中古車輸出業の実務講座ホームページパック
中古車輸出業をスタートさせるために必要なホームページ制作パッケージと海外バイヤー情報、輸出サポートなどが揃った中古車輸出業のためのホームページパックです。


上記リンク先は、中古車輸出業の実務講座サービスの中古車輸出に特化したホームページの完成サンプル例です。

中古車輸出業の海外バイヤー情報

オススメ情報

こちらも、あなたに必要な情報かもしれません。


■通信講座 発行元
横浜貿易株式会社
代表 三橋 宣男

〒231-0861
神奈川県横浜市中区元町5-212-16

Tel : 045-222-6200
Fax : 045-222-6286
E-mail : info@ytrd.com

フェイスブックページ