中古車輸出をはじめるのには、どの業種が最適でしょうか。

なんといっても多いのは車屋さんでしょう。そりゃ、そうですよね。販売している商材だって、ふだん取り扱っている商材と同じというのは親和性もありますし、いろいろな意味でスタートしやすいかと思われます。それと同じぐらい中古車輸出を始めるのにスタートしやすい業種といえば、車の修理屋さんや買取屋さんです。

車の修理屋さんっていえば、いわゆる板金加工とか車が壊れたときに直してくださいと車を持っていかれるあのお店のことです。板金加工というのは、例えば車に乗っていたら不注意で縁石にぶつけちゃった、ぶつけたときに車のフェンダーが凹んだなんてときに、車のボディを後ろから叩いたりして平らに戻すことです。これらの修理屋さんも日頃から車を取り扱っていますから車の親和性はありますよね。しかも最近では車の修理屋さんでも、車を修理しているだけでなく、新車や中古車の販売までやっていたりするところも多くありますよね。

車の買取屋さんっていえば、車くださいって買いにいくお店とは逆で車を買ってくださいといくお店のことです。「アップルに来てください」とか「車売るならラビットォ~」とか、まいうーの人が言っている、あのお店とかのことです。これらの買取屋さんだって日頃から車を取り扱っていますから車の親和性はありますよね。しかも最近の車の買取屋さんは、買い取った車を自分のところの店頭で販売していたりする買取店も多くありますよね。

そういう意味では、車の修理も買取も大きくまとめるなら車屋さんです。

答えは、どちらも車屋さんです。
車屋さんですから、中古車輸出をはじめるのに、車の修理屋さんも車の買取屋さんもどちらもはじめるのに最適なポジションにいるわけですね。それでは、それぞれの業務をちょっと覗いてみましょう。

まずは車の修理屋さんを覗いてみましょう。
車の修理屋さんは、修理屋さんですから、お客さんの車の調子が悪いときには車を修理してあげます。いつも車の修理していると、だんだんその車の状況やお客さんの車の扱い方などまでわかってきてしまいます。そろそろ買い換え時かな?なんてことまでわかってきてしまいますよね。お客さんにそろそろ買い換えたいんだけど、なんて聞かれたりします。そんなとき、ご近所の販売店なんかを紹介してあげたりします。

お客さんは紹介してあげた販売店に行ってきました。おかげさまで行ってきた車屋にとっても気に入った車があってね、それに買い換えたいなと思いました。でも、今乗っている車の下取りはしてくれないんですって。だから、この車を御社のお店にあげるから修理にきた車の部品取りにでも使ってくれない?そう聞かれたらどうしますか?

部品取り・・って言われても、そのために車一台まるまる置いておくスペースもないしな、けどお得意様だし断るのも忍びないな。そんなとき、中古車輸出もやっていたら、うちでもらってあげるよ、そう言ってお客さんから車をもらって、あとは海外に販売してしまえばいいのです。え、それだったら国内販売もうちでやるよ?まあ、それはどちらでもお好きにご自由にどうぞ。

でも、そうやって車の修理屋さんが中古車輸出をやっていると、もう一ついい利点があるのです。それは、修理で新しい部品に取り替えたときの古い部品ってどうしていますか?ああ、そのへんの片隅に転がしてあるよ。そのうち貯まったらまとめて廃品業者に持っていってもらうよ。

その古い部品ちょっと待った!

中古車輸出をやっていると、まるまる一台の車をほしいという海外バイヤーばかりではないのです。中には、うちの車の調子が悪くて直したいんだけど、日本製の車の、あの部品がうちの国には無いんだ。あの部品があったら、うちまで輸出してくれないかな。そんな海外亜バイヤーもいたり・・いやいや、そういう海外バイヤーのほうがけっこう多くいたりするのです。車の修理屋さんにとっては、車一台よりも車の部品、パーツそれぞれのほうが入手しやすいですよね。

それでは車の買取屋さんを覗いてみましょう。
車の買取屋さんは、買取屋さんですから、お客さんがこれまで乗っていた愛車を、買い換えや高齢になってきたので免許を返納して車の運転を卒業したいなど、車を手放したい場合に、その車を買い取ってあげるお店です。

買取屋さんは、お客さんから買い取った車をどうしていますか?汚れている箇所をきれいにして、もう一回自分のお店の店頭で売ったりもしますよね。あるいは、業者専門の仕入れスペースである中古車オークション会場に出品して、そこで売ったりしていますよね。売れますか?まあ、ぼちぼちでんな。

人気車種で中古車オークション会場なんかでも、けっこう高額で取引されている車を買取りできたりするとワクワクしてしまいますよね。でも、そういう車はごくたまに現れるだけで、通常はそこそこの車ばかり買い取るのが常ではないでしょうか。なかには、恐ろしく古い車もあったりして、これは買い取れないよ、でも長年おつきあいのある常連さんだから断れないよな。そんな車を買い取らなければならないこともあるでしょう。

買い取ってしまったのだけど、ある程度はきれいにお色直しもしてみて店頭においておいたんだけど、ちっとも売れない。仕方ないので中古車オークション会場に陸送して出品はしてみたのだが、ぜんぜん入札もなく毎週、毎週再出品、再出品ばかりで出品料ばかり掛かってしまうよ。売り切り出品にもしてみたのだけれども・・。

これは、やっぱり売れないよな。

やはり、あのときこの車は下取りしておくべきではなかったな。あなたは、この車に関してはあきらめるしかなさそうです。って、ちょっと待って!10年落ちの車で、デザインもそれほど人気のない車だったから、下取りしても再販で売るのはぜったい無理そうです。こんなとき、あなたのお店で国内販売だけでなく中古車輸出も事業としてやられていると状況は一変、がらりと変わってくるのです。

日本では、10年落ちの車なんて乗っていられないよ。そんなお客さんが多いかもしれません。実際、売っているあなた側だって、10年落ちの車、こんな車売れないよ、長期不良在庫確定だな。なんて思っているかもしれませんよね。じつは海外では、10年、20年、下手したら30年の車だって重宝な国々はたくさんあるのです。20年、30年の車だっていいよ。日本のクオリティの高い車がほしいんだ、乗りたいんだというお客さんは海外には数えきれないぐらいたくさんいるのです。

10年落ちの車なんて、まだまだ新しいじゃん。ぜんぜんOKだよ、そんな海外バイヤーは多いのです。前述の常連のお客さんに無理を言われて、10年落ちの現在乗っている車を買い取ってくれと言われても、もう躊躇することはないのです。もしあなたが中古車輸出をやっていたのなら、二つ返事でいいよ、買い取るよと答えてあげられるのです。大喜びのお客さんは、いま持っている車をそのまま置いて、新しい車を買いに行きましたとさ。

あとは、あなたは、その買い取った10年落ちの車を海外バイヤーに販売すればよいのです。


まみちのお楽しみポイント♪
車の買取屋さんは買い取った車の販路はいっぱいあったほうが良いからね、海外販売も選択肢のひとつに備えるべきよね。車の修理屋さんも、パーツの輸出をはじめるにも中古車輸出は始めるべきだわね。