中古車輸出をはじめるのには、どの業種が最適でしょうか。

車屋さん?貿易会社?運送屋さん?
本サイトなどを通して、中古車輸出という仕事を知りました。私もはじめたいのだけど、いったいどこに就職したら良いですか?こんな質問をされたことがあります。さて、どこに就職したら良いのでしょうね。中古車輸出ですから車屋さんですか?そう思って、車屋さんに就職した方がいました。しかし、その車屋さんは、国内に車のお店屋さんを持っており、近所に住んでいる来店してきたお客さんばかり相手にして販売させられています。その車屋さんは、海外への中古車輸出はしていなくて、日本国内で中古車を売っている車屋さんだったのですね。
それでは貿易会社に就職すれば良かったのでしょうか?貿易会社もいろいろありますから、中古車を輸出する貿易会社だけが貿易会社ではありません。中古車を輸出するところもあれば、食料品を輸出入するところもあります。または衣料品を輸出するとこだってあるのです。

ここのページにくるひとつ前のページにて、車関係の会社とか貿易の会社が中古車輸出に向いているという案内を拝見しました。

たしかに、そちらのページでは車屋さんと車の買取、修理、パーツ屋さんなど車の関連業者さんなどに、日頃から中古車や中古車に付随したものを取り扱っていますから、その流れから海外に中古車輸出する仕事も始めてみませんかとは記載しました。

車屋さんがはじめるには

車の関連業がはじめるには

また、そちらのページでは貿易会社と商事会社などの商社さんなどにも、普段の業務の延長線上で中古車輸出もはじめてみませんかとは記載しました。

貿易屋さんがはじめるには

しかし、中古車輸出をはじめるのには、何も車関係や貿易会社に限ったことではないのです。まったく異業種の会社がいきなり飛び込んできてはじめるのにも、とってもはじめやすい仕事です。だからこそ、事業拡大や、メインの業務が業績不振のため中古車輸出をはじめたなんて会社も多いのです。このはじめやすい、はじめやすさというのは、会社に所属しなくても、個人で個人事業主でスタートするのにも適していると言えます。そのため多くの個人の方が個人事業主や自営業ではじめられています。

個人事業主がはじめるには

中古車輸出は会社でなくても個人でもスタートできます。
そうか、中古車輸出をはじめたいなって思ったのだけど、何も会社に入らなくても個人でもはじめられるのか。でも、個人ではじめるには、いったい何を用意したら良いのだろう。

中古車輸出では、中古車を買ってもらう海外バイヤーとはメールなどで基本やり取りします。ですので、まずインターネット環境とそれを使ってやり取りするためのパソコン、スマホやタブレットなどのどれかが必要です。海外バイヤーとのやり取り後に商談が成立したら、海外バイヤーからお金を日本に送金してもらいますから、そのお金を入金してもらうあなたの銀行口座が必要ですね。入金があったら注文の車を仕入れなければなりません。そのための仕入れ箇所として中古車オークション会場への入会が必要です。中古車オークション会場に入会するためには古物商の資格が必要です。古物商の資格は最寄りの警察署に行けば取得できます。

あとは、車を仕入れたら、その車を港まで陸送屋さんに運んでもらったり、船会社に電話して車を海外まで運んでもらう手配をしなければなりません。船の手配が済んだら、その車を輸出するための輸出手続きをしなければなりません。それらの手配をするのにネットでも出来るものもありますが、電話で手配するのが時間的にもスムーズですね。そのための電話、固定電話でもスマホでもどちらでもかまいませんがインターネット環境でやり取りするのにスマホを使うのでしたら、そのスマホで電話連絡もするのでOKですね。

中古車輸出に必要なもの

  • インターネットにつながる環境
  • パソコン、スマホやタブレットなどのどれか
  • 古物商の資格
  • 中古車オークション会場の会員
  • 固定電話、スマホなどのいずれかの電話
  • 中古車輸出業の実務講座 教材

中古車輸出をはじめるのに、とりあえず必要なものといったらこんなところでしょうか。中古車輸出業の実務講座の教材に、中古車輸出に特化したホームページ(スタンダードパックは中古車輸出に特化したFacebookページ)、海外バイヤー情報は含まれていますから。とりあえず、このぐらいで中古車輸出は始められるかと思います。あとは、個々でパソコンを置くためのデスクとかオフィスチェア、仕入れた中古車を一通り在庫しておきたい駐車場や展示場などなどあるかと思いますが。あとは当面の運転資金とかそんな感じですかね。

このぐらいのもので始められるなら、会社でなくても個人事業主で十分に始められますよね。

確かに、このぐらいの準備で始められるのならば会社でなくても個人事業主でも始められますよね。でも、個人事業主ではじめるってことは、いくら会社組織ではないとはいっても事業なんだから、めったな運営はできないし、さすがにちょっとハードルが高いな。そう思われたあなたは個人事業主でなく副業で始められれば良いのです。

たとえば、これ

中古車輸出に必要なもの

  • インターネットにつながる環境
  • パソコン、スマホやタブレットなどのどれか
  • 古物商の資格
  • 中古車オークション会場の会員
  • 固定電話、スマホなどのいずれかの電話
  • 中古車輸出業の実務講座 教材

中古車輸出業の実務講座 教材は、これから受講されればお届けしますからいいですよね。あと今、中古車輸出業の実務講座サイトをご覧になっているあなたならばインターネットにつながる環境もお持ちですよね。いまご覧になられているのはパソコンですか?それともスマホですか?それともタブレット端末かなにかかな?いずれにしてもインターネットでやり取りするための機器もどれかはお持ちですね。で、おそらくスマホや携帯電話はなにかしらお持ちでしょう。そうしたら、あと足りないのは古物商の資格と中古車オークション会場の会員だけです。

古物商の資格と中古車オークション会場の会員も、中古車輸出業の実務講座を受講されれば、いや受講前からでも取得、入会することはできます。

中古車オークション会場の会員になる

これだったら、はじめは副業から気軽に中古車輸出をはじめられますね。

個人事業主で始めなければならないのかと思ったら、いくら会社組織になっているわけではない個人事業主だとしても、さすがに事業を始めるって言うのはスタートするのにちょっと身構えてしまうなって思っていたのだけれども、副業からスタートできるっていうのは、とてもありがたいです。

中古車輸出をはじめるのに必要な環境というのも、講座教材、古物にオークション以外は、もう既に自分の身の回りに揃っているというのもありがたいです。いま働いている本業をやりつつ、平日の夜間だけとかに中古車輸出をはじめられるものね。

中古車輸出は副業でできる。とりあえず今はメインで働いている仕事があるから、中古車輸出はゆっくりと副業ではじめられるんだ。そうなんですね、それはとっても恵まれた環境にあると思います。だったら、まず

中古車オークション会場の会員になる

こちらの中古車オークション会場の会員になってしまいましょう。上記にあるフォームに入力して入会資料を請求してもらえれば郵送で入会資料をお届けします。郵送なので、届くまでに1日か2日は掛かってしまいます。その間に近所の警察署に行って、古物商の資格を取得してきましょう。といっても古物商の資格は取得まで1ヶ月弱掛かります。ですから、その日は申請手続きだけ済ませてきてしまいしょう。警察署で古物商の申請が済んだら、当社からの中古車オークション会場の入会資料が届いているかと思います。届いていたら、その入会申込書に記入して当社へ返信してください。

これで2~3週間待てば、古物商の資格と中古車オークション会場の入会ができているかと思います。そしたら中古車輸出業の実務講座を受講しましょう。さあ、ここからあなたの中古車輸出がいよいよスタートします。

なんだか2~3週間待っていたりして悠長だな。もう少し早く中古車輸出ってはじめられないのかな?そうですね、だって、あなたがとりあえず今はメインで働いている仕事があるからというので、ゆっくりですが一歩ずつ着実に終わらせて進んでいく方法を記載しました。

それでは、もう少し効率の良い副業としての中古車輸出のはじめ方をご紹介しましょうか。

まず、中古車輸出業の実務講座を受講してしまいましょう。
中古車輸出業の実務講座を受講申し込みすると、たくさんの教材があなたのお手元に佐川急便で届けられます。その教材の詰まった段ボール箱を開けるところからが、中古車輸出のスタートです。

ちなみに受講申し込みしてから教材が届くまでに早くても1日、関東は横浜から遠方の方だと2、3日ぐらい掛かります。その間に近所の警察署に行って、古物商資格の申請手続きをしてきてしまうのが時間の無駄もなく効率よいです。

古物商の申請が済んだら、当社からお送りしただいたい教材が届いている頃ではないでしょうか。教材が届きましたら箱を開けます。まずは中に入っている中古車オークション会場の入会資料を取り出しましょう。こちらも申請~入会までに2、3週間かかるものですね。なので早急に入会申込書に記入して当社に返送してください。当社で入会申込書を拝見して、この記入だと入会審査に通らないかもって箇所があれば書き直しをお願いしてもらう箇所もあるかもしれません。何もなければ、そのまま中古車オークション会場に入会申請します。

さて、古物とオークションの入会申請した後は、入会になるまで一眠りしていてください。というわけにはいきません。いや、ひと眠りしたかったらしていてもらっても別に構いませんが、それだとその分は時間を無駄に過ごしてしまいますよ。箱から取り出したオークションの入会申請が終わったら、次は箱から海外バイヤー情報サイトへのログイン案内という用紙を取り出します。

取り出したら、そこに記載されている方法で海外バイヤー情報サイトにログインします。世界各国からたくさんの海外バイヤーの中古車オファーが届いていますね。ここ数年分だけでも既に5000件以上の海外バイヤーからの中古車オファーが届いています。彼ら全員にメールでご挨拶、中古車の営業メールを打つだけでも、古物とオークションを待っている間の2~3週間なんてあっという間に過ぎてしまいますね。1日10人ぐらいの海外バイヤーにメールを送るとして、送った後、お返事がくるまでの間は何をしていましょうか?その間に、箱の中に入っている教材、動画などをざっと眺めて、中古車輸出のことを勉強しておきましょう。

さて、海外バイヤーから返事が来たら、こちらからもまた返事をして、さらに商談を進めていきましょう。そして、車の受注をしたら入会したばかりの中古車オークション会場で車を仕入れて、相手の方のお国に車を輸出してあげましょう。


まみちのお楽しみポイント♪
副業からスタートできるっていうのは、これから中古車輸出をはじめられる人にとってはスタートしやすいですよね。